節電を行う工場の強い味方、産業用太陽発電

いなかでの発電

近年節電を行う工場で注目されているのが産業用太陽光発電です。太陽光発電というのは、風力発電や水力発電といった発電方法に並ぶ環境に害を与えない発電方法です。工場ではとても広い土地を持っている場合が多いので十分な数の太陽光パネルを設置することができ、発電量も一般家庭などとは比べ物にならないほどです。さらに、工場などの企業向けに太陽光発電のパネルを設置する電気工事業者も増えてきていて、実際に導入する工場も増えてきているようです。

太陽光発電を説明する
産業用太陽光発電システムの仕組みには系統連系型太陽光発電システムと独立型太陽光発電の二つがあります。前者は電力会社と発電した電力をやり取りする最も一般的なシステムです。後者は電力会社の電力を使わずに太陽光発電で発電した電力を蓄電池に蓄えることにより必要な時に電力を供給することができるシステムです。今日では太陽光発電を活用している家も少なくありません。今回は太陽光発電についてあまり知らない人のために導入メリットなどを説明していきたいと思います。

メリットを説明する
産業用太陽光発電の一番の導入メリットは二酸化炭素を排出しないから地球環境へ貢献してくれるということです。地球温暖化の原因である温室効果ガスの排出量は増加の一途をたどり中でも二酸化炭素はその大半を占めています。そのため二酸化炭素を排出せずに発電できるのは非常に環境にやさしくて良いです。また、災害時の非常電源確保として自立運転付きシステムを導入することによって災害時に停電が発生した場合でも昼間であれば太陽光発電による電力を使用できます。