中の金属を出す

産業用太陽光発電のメリット

再生エネルギーの買取制度というのは、太陽光発電などの再生エネルギーで生み出した電力を、電力会社が固定価格で一定期間買い取ってくれるのです。これによって電力を売ることができるようになり、導入する企業が増えたのです。家庭用の太陽光発電でも余った電力を買い取ってもらえるので、設置する家庭が増えています。太陽光発電のメリットは光熱費を削減できるだけでなく、非常時や災害時の予備電源としても使えますので、防災対策にもなることです。

産業用の導入する場合
産業用太陽光発電を導入する場合、住宅用の物より多くの発電量があるため、電気工事の仕方も変わってきます。住宅用の太陽光発電は家庭用電力とされる一方、産業用は50キロワット以上の発電量であることから、家庭用電力ではなく高圧電力の扱いになります。したがって、産業用の太陽光発電を導入する際には、電気工事士が作業を行う必要があります。産業用の太陽光発電と住宅用の太陽光発電には、経済産業省によって明確な線引きが行われているので、産業用を導入する際にはこれらの違いを把握しておく必要があります。

修理完了

設置までの流れ

どういったシステムを導入するかがきまったら、専門業者との契約や、電力会社への申請、また国から補助金が出る条件を満たしている場合は、その申請を行ないます。
業者によっては、国への補助金申請も行なってくれる場合もあります。
そして設置になりますが、ここではクレーンで屋根までソーラーパネルを運ぶ作業や、電気工事が発生します。複雑な配線の電気工事の場合は、時間がかかることもあります。
また、電気工事の最中は、一時的に電気の使用ができなくなることもあります。

設置後のメンテナンス
設置が終了しても、定期的にメンテナンスの必要があります。また、20キロワット以上の太陽光発電設備を設置した場合は、電気事業法により主任技術者の設置が義務付けられていますので、電気保安協会との保守契約が必要になります。

通常、定期メンテナンスの内容については、設置を依頼した業者と相談して、その項目や頻度を決めます。

太陽光発電のパネルの初期不良などの早期発見のためにも、設置後すぐの点検頻度は多めに設定するのが一般的です。

関電防止カバー取り付け

太陽光発電の設置について

産業用太陽光発電システムを事業者が導入する場合には、電気工事も大掛かりになりますし、設置場所の状況に合わせた安全の確保をしながらの設置になりますので、自社の素人で設置することは難しいので、専門の業者に委託することになります。
設置サービスを行なっている業者は多くありますが、問い合わせを行なえばまずは導入のシュミレーションや見積もりをしてくれますので、イメージが沸きやすくなります。

その提案を受けて、最適なものを設置することになります。

地球環境に貢献
こ産業用太陽光発電は、天候によりますが電力の節約にも地球環境にも貢献してくれるのでオススメです。また産業用太陽光発電に異常が発生して調子が悪くなっても業者に頼むことによって電気工事をしてよりよくすることができます。これから太陽光発電を導入しようと考えている人も是非太陽光発電を設置してみてください。きっとその良さが分かり今後の生活も確実に楽になります。